子育て世帯に嬉しい充実のサポート

滋賀県内屈指の“住みよさ”を体感

ファミリー層の転入者も多い
守山市だからこその育児・医療環境

子育て世帯の転入が多く、合計特殊出生率が全国平均より高い守山市だからこそ、
日本の宝である子供を大切に育てる環境が整っています。
守山市では妊娠期から子育て期にわたり、様々な支援が受けられます。

  • 守山市の人口は2045年まで増加し続けます

    出典:守山市人口ビジョン(平成27年10月)出所:総務省「国勢調査」、国立社会保障・人口問題研究所「市町村別将来人口推計」等より
  • 平均年齢39歳!子育て世帯の転入が多く、年少人口率も全国屈指

    出典:総務省「国税調査(2010年)」より作成。
※総務省統計局「国税調査(全国・都道府県・市区町村別人口)2015年 ほか ※総務省「住民基本台帳人口・世帯数」2018年1月1日現在 ※国土交通省国土地理院測図部「全国都道府県市区町村面積調」2017年

  • 助産施設

    保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由により入院助産を受けることができない妊産婦に、助産を受けさせることを目的とする施設があります。

  • 出産育児一時金

    被保険者や被扶養者である家族が出産した時の出産費として、ご加入の健康保険から出産育児一時金が支給されます。

  • 産前産後期間の国民年金保険料の免除

    国民年金第1号被保険者の方は、出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(多胎妊娠は出産日が属する月の3か月前から6か月間)の国民年金保険料が免除されます。

守山市の保育園・幼稚園・こども園、そして遊びや学びの場となる公園や施設が充実しています。

  • 児童手当

    守山市では中学校修了前までの児童を養育されている人に対して、手当を支給しています。支給時期は6月、10月、2月に分けて、それぞれの前月分までが支給されます。
    ※手当を受けるためには申請が必要です。

  • 児童扶養手当

    父母の離婚などにより、一方の親と生計を同じくしていない児童、または、父もしくは母が重度の障害の状態にある児童を養育する人等に対して、児童の健やかな成長を願って手当が支給されます。支給時期は4月、8月、11月(11月以降は奇数月に年6回)に分けて、それぞれの前月分までは支給されます。
    ※手当を受けるためには申請が必要です。

0〜18歳までの子ども・保護者が無料で遊べる児童館

18歳未満のすべての子どもを対象に、遊びや生活の援助など、地域における子育て支援もあります。守山市に住んでいる0〜18歳未満の子どもと保護者が無料で自由に安心して遊べる施設です。

人と人がつながる知の広場「守山市立図書館」

本と人が出会い、人と人がつながる「知の広場」をコンセプトに、2018年11月にリニューアルした守山市立図書館。
「本の森」「つながる森」「木もれび広場」の3エリアで構成されています。蔵書数は38万冊で、市民の憩いの場です。

滋賀県を代表する病院もそろう守山市

守山市の病院・医院リストです。(MORIYAMA子育て応援ハンドブック-2019年度版-より)

  • 行政財

    守山市の安定した行政財も、住みたい街として選ばれる理由の一つ。歳入額は27,595,031千円、歳出額は26,657,126千円。財政力指数は、“富裕”に認定される1に迫る「0.86」をマーク。将来負担比率は全国でもトップクラスの「0%」です。

  • 地価推移

    2019年の公示地価によると、守山市の地価は9万1256円/㎡となっており、前年から1.47%上昇しています。特に守山駅近の地価が上昇しており、前年比2.13%増となっています。守山市の人口増加に伴い、今後も守山市の地価上昇が予想されます。特に利便性の高い立地はその傾向が強いと考えられます。一般的に人気エリアの不動産の資産性は高く、将来的に不動産を売却したり賃貸に貸し出したりする際にも有利となります。

PAGETOP