確かな技術と、実績を基に基礎を築く設計・施工。
STRUCTURE 建物への細やかな目が、安らぎを生み出す基礎構造

場所打ち鋼管コンクリート杭

建物を支える杭は場所打ち鋼管コンクリート杭を採用。杭の底部は直径を広げ支持力を高めた拡底とし、杭上部は鋼管を巻き、強度の向上を計っています。

アンボンド工法

PC鋼線をコンクリート床内に通した「アンボンド工法」を採用。従来型の工法と比べて室内の小梁を少なくすることができ、すっきりとした空間を演出します。

コンクリートかぶり厚

年月経過により進むコンクリートの中性化と鉄筋のサビによるコンクリートの腐食やひび割れを防ぐため、コンクリートかぶり厚を十分に確保。鉄筋コンクリートの劣化軽減を図ります。

高い強度のコンクリート

主要構造部には、設計基準強度(Fc)30N/m㎡以上のコンクリートを採用。1㎡あたり約3,000tの圧縮に耐える強さを持つコンクリートです。※付属棟・外構等を除く。 ※コンクリート自体の圧縮強度であり、床に乗せられる重さではありません。

溶接閉鎖形筋

主筋を囲むように巻き付ける柱の帯筋に、1本ずつ溶接した溶接閉鎖形筋を使用。コンクリートの拘束力を高め、柱自体のねばり強さを更に高めることができます。※柱基礎梁接合部・付属棟を除く。

水セメント比50%以下

主要な構造部分である柱や梁等に用いるコンクリートの水セメント比を50%以下に設定し、コンクリートの乾燥収縮を低く抑えます。また建設現場において、納入されるコンクリートを採取し、品質管理を行っています。※杭・付属棟・外構等を除く。

外壁・隣戸間壁構造

屋外と屋内を隔てる外壁には、ALC造約100mmまたはRC造約150mm以上の厚みを確保。また各住戸の隣戸間コンクリート壁は厚さ約180mmを確保し、遮音性と耐久性を高めています。

天井・床構造

住戸の天井は将来のリフォームや配管のメンテナンスなどが容易な二重天井構造を採用。床はコンクリート上にレベル調整材を敷設し、仕上げ材を施す直床構造。約200〜230mmのコンクリート厚を確保した上に、遮音性の高い△LL(I)–4等級のフローリングを採用しています。

劣化対策等級3

住宅性能表示制度で、コンクリートのかぶり厚さや強度の確保など、建物の構造躯体を長持ちさせる対策の程度を示す等級。“等級3”は、3世代(75年〜90年程度)までの対策が講じられているという評価です。

※1通常想定される自然条件および維持管理の条件のもとで限界状態に達するまでの期間。(付属棟・外構等を除く)

SAFETY 災害時にも即座に対応できるよう、様々な防災対策を施しています。

管制装置付エレベーター

エレベーターの運行に支障をきたす規模の地震などが発生した場合、管制装置が作動し、ただちに最寄りの階に非常停止しドアを開きます。

対震ドア枠

各住戸の玄関ドアには、対震ドア枠を採用。ドアとドア枠の間に適切な隙間を設け、万一地震でドア枠が歪んでもドアが開けやすく避難路を確保することが可能です。

マイコンメーター

住戸内で一定量以上のガス流量を感知したり、震度5強相当以上の揺れを感知した場合にガス供給を遮断します。

ガス感知器・熱感知器

ガス漏れや火災を感知し、インターホンで居住者にお知らせ。警備会社に自動通報されます。

防災倉庫

災害時に備え、非常用トイレや防災備品類を収納した防災倉庫を設置しています。

お問い合わせは「シャリエ柏たなかステーションヴィラ」0120-182-312まで