'TORAY'Innovation by Chemistry

東レ建設

シャリエ大津中央

三井デザインテック(株)
インテリアコーディネーター
清水さくら氏

現代の生活に日本の伝統を取り入れた「和モダン」の住まい

「シャリエ大津中央」は、琵琶湖の自然を身近に感じ、京都に程近い立地。自然を愛し、歴史や文化を大切に思うご家族がゆったりと住まう暮らしをイメージして、明るい空間づくりを心がけました。モダンな室内に「和」の要素を随所に取り入れた「和モダン」をコンセプトに、デザインしています。カラーは、ナチュラルな色味に、アクセントとしてブラックやブルー、レッドを効かせています。また、全体の床材にナチュラルな木材を使用しつつ、壁材や家具などにはクールな質感の素材を選び、「和モダン」を表現しています。

コンセプトを象徴している空間がリビングです。ご家族が落ち着いて過ごせるよう、木地を生かした床材にモノトーンの家具を配しています。ソファ背面の壁は、日本庭園の白砂と庭石をイメージして、横にリブが入った白いタイルの中央にブルーグレーの壁材を合わせ、違い棚のように飾り棚をアシンメトリーに付けました。また、空間のアクセントとなる和の小物を引き立てるために、棚の中にはダウンライトを設置しています。
リビングの主役となるソファは、広い空間を際立たせるように背もたれの低いタイプを選びました。白いソファと黒いテーブルの組み合わせは、まさに「和モダン」の象徴となっています。また、小物やファブリックにはゴールドや、朱を帯びた漆のようなブラウン、琵琶湖をイメージしたブルーを使って華やぎを添えています。

リビングの一角には、畳コーナーを設けました。縁なしの黒い畳は、洋室にも合うスタイリッシュなアイテムです。床の間や、房付きの引手など、和のしつらえにもこだわりました。この畳コーナーは、季節の額や花を飾るなど、四季を楽しむ日本の伝統を取り入れた現代の暮らしをイメージしています。

ダイニングは、漆塗りのようなフルフラットのキッチンカウンターからダイニングテーブルまでひと続き。照明は和風のペンダントライト、ダイニングテーブルや棚にはナチュラル素材を採用し、ポイントカラーに黒を取り入れることで、リビングと調和のとれた「和モダン」の空間を演出しています。
リビングダイニングから続くバルコニーにはガーデンテーブルとチェアを置きました。休日のブランチやホームパーティのサブスペースといったシーンをイメージしています。

主寝室は、くつろぎと快適な身支度を両立するラグジュアリーな空間をデザインしました。ゆったりした空間を感じていただけるよう、シングルベッド2台を配しています。直線的でモダンなインテリアに合わせて、ヘッドボード側の窓にはシェードカーテンを用いました。ウォークインクローゼットの扉には、光線の加減によって表情が変化するファブリックガラスを採用。ほどよく透けるため空間の広さを感じさせ、なおかつクローゼットの中を見えにくくするという2つの効果を狙っています。

子ども部屋は、夢のある空間になるよう壁紙やファブリックはポップな色使いに。対して長く使う家具は、ほかの部屋と同様、モダンなデザインを選びました。