シャリエ阿倍野阪南町レジデンス

自然を楽しむように、快適にエコロジーを楽しむ

静岡県駿東郡長泉町に誕生する「シャリエ長泉グランマークス」は、マンション全体で電気をつくり、みんなで電気を融通し合うという日本初のT-グリッドシステムを取り入れています。マンションの敷地は街の公園と一体になっており、また、長泉町は行政サービスが充実しているということもあり、子育て世代に適した環境です。さらに、住戸内の通風を高めるパッシブデザインを取り入れ、家の中にいながら自然の風を感じることができます。

このように、先進性と快適さを同時に享受できるということから、インテリアコーディネートのテーマを「~Refind Plesure~ 楽しみの再発見」としました。コーディネートのプランでは、緑や花を楽しむスペースを作ること、角部屋の開口部を活かしたレイアウト、自然素材や機能素材を使用することを心がけました。植物や風、光といった自然を家の中でも楽しんでいただき、日々新たな発見があるような暮らしを提案しています。さらに、家族や友人との"人のつながり"を楽しめる空間づくりを目指しました。

ダイニングの窓前にあるコンソールは、家の中に緑や花を取り入れやすいように設けました。ここでハーブなどの鉢植えを育てることで、身近に自然を感じられます。キッチンカウンターはフラットな造りでダイニングと繋がっていますので、家族同士のコミュニケーションを妨げることがありません。

広い開口部を活かしたリビング・ダイニングは、自然の光に満ちた、明るい空間です。広々としたバルコニーには東レ・アムテックス「トレクール®」というタイルを使用しています。透水性に優れているので水たまりができにくく、適度な保水性により、夏には打ち水の冷却効果も期待できます。

リビングに続くスペースは和のしつらえ。縦桟の仕切りとフローリングの床に配した琉球畳が、モダンな和空間を演出しています。この落ち着いた一角は、書斎としてお使いいただくことをイメージしました。和室の収納スペースとなる押し入れの戸には東レ「エクセーヌ®」を採用しましたので、モダンな中にも起毛素材の布にぬくもりを感じていただけるかと思います。

子ども部屋はお子様二人でお使いになることを想定しています。お二人が小さいときには机を並べてガラスの仕切り戸は開放し、ひとつの空間として共有スペースに。お子さまの成長に合わせて、空間をふたつに分割すれば、それぞれのプライベート空間としてお使いいただけます。

主寝室はウール100%のカーペットや和紙素材の壁紙、天然木のアートなど、自然素材にこだわった上質な空間です。さらに、玄関では珪藻(けいそう)土の塗り壁とミラーを組み合わせるなど、モダンな中にも自然を感じられるインテリアを心がけました。珪藻土は、調湿性能や消臭性能など、機能的にも優れた素材です。

「シャリエ長泉グランマークス」ではインテリアの随所に東レグループの機能素材を取り入れました。先進的なスマートタウンにふさわしい、モダンかつエコロジカルな住まいをご提案しています。

プロが教えるコーディネートの"裏ワザ"
【おもてなしのテーブルにフラワーアレンジメントで彩りを】

花1輪でも華やぎが加わります

生け花やフラワーアレンジメントの経験がなくても、特別なテクニックは必要ありません。季節の花や自分の好きな花を選んで飾るだけで、食卓に華やぎが加わります。花瓶がなければお気に入りの食器を使って。ワイングラス、コーヒーカップ、小鉢など、深さのあるものなら何でも使うことができます。

プチプライスグッズを上手に活用

食卓の花を生ける際には、ボリューム感を抑えたアレンジを心がけて。卓上のスペースをあまり取らないアレンジメントがおすすめです。 花の形がくずれないようにしっかり生けるには、オアシスや剣山(けんざん)を器に入れます。また、ポプリポットを利用しても。どちらも100円均一ショップで手に入ります。

三井デザインテック(株)
遠藤 瑠衣

「シャリエ三軒茶屋」「シャリエ鵜の木プレイス」「シャリエ市川」「シャリエ日本橋高津」などをはじめ、様々なインテリアデザインを提案しています。